神奈川のカーオーディオ専門店「サウンドライジング」blog
オーディオ専門店「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。
<ブログ移転のお知らせ>
当ブログは下記URLに移転致しました。
以下のURLよりお越しください。
http://blog.soundrising.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイフトのロードノイズ防音対策・フロア
こんにちは。

今日は先日作業しましたスイフトの紹介です。

s-IMG_0435.jpg

今回スイフトはロードノイズ対策でフロアとドアを防音施工としました。

では作業スタート。

まずは内装・シートを外していきます。

s-IMG_0437.jpg

清掃してから制震材を施工していきます。

s-IMG_0442.jpg

制震材はロシア製のSTP制震材を使用します。

s-IMG_0443.jpg

当店のフロアデッドニングは運転席のつま先あたりから、リアシートの下までを施工します。

制震材を施工したら、2層目の素材を施工します。
2層目には独立発泡材の遮音シートを施工します。

s-IMG_0447.jpg

当店では標準で制震材と遮音材の2重施工となっています。
ロードノイズに関しては、どちらか1種類では十分な効果を体感するには難しいと、当店は考えていまして全ての施工で2重施工としています。

s-IMG_0448.jpg

後ろまで材料をしっかり密着させていきます。

s-IMG_0450.jpg

当店では施工に関して、密着性を重要視していて材料も独自の材料など使用して、施工箇所によって使い分けます。

そして今回は更に追加で、3層目の素材を追加しました。

s-IMG_0451.jpg

ゴム素材とマイクロ繊維吸音材の複合材を仕込みます。

この施工で厚みは10mmほどになり、純正の内装の復元も考えて施工しています。

そして今回は更に、お客様が以前にオーディオ購入時にドアのデッドニングは施工したそうなので、追加でドアの防音を施工しました。

s-IMG_0454.jpg

ドア全体的にアクワイエが施工されています。

しかし遮音と吸音を行わないと、防音の観点からは不十分です。

なので追加の防音施工とします。

まず遮音材を施工します。

s-IMG_0455.jpg

全面を施工します。

そして内装・ドアトリムは吸音材など無かったので、追加としました。

s-IMG_0472.jpg

コチラは吸音材として連続発泡材のエプトシーラーを施工しました。

一部内装の納まりの関係で、全面施工はなりませんでしたが遮音・吸音施工としました。

これで完成です。

フロアの防音とドア4枚の施工で全体的にも多くの面積を処理できたて、効果も高いと思います。

ロードノイズ対策を施すコトでコンパクトでも静かな車になるので、ライトウエイトが好みなお客様にはオススメです。

スポンサーサイト
サブウーハーなど取り付け
こんにちは。

今日は先日作業しましたオーディオのグレードアップです。

s-IMG_0465.jpg

当店ではオーディオの取り付けであれば、まずスピーカーの交換から推奨いたしますが、次はアンプかサブウーハーか悩みますが、今回はサブウーハーを紹介します。

そして当店で、しばらく前からオススメしている小口径サブウーハーです。

今回のメーカーはイギリスのヴァイヴです。

6インチのサブウーハーですが、並みの10インチぐらい鳴るスゴいサブウーハーです。

メリットは
①BOXサイズも含めて小型です。
②アンプの出力も300wぐらいでOK。
③小口径なので、テンポが速くスピード重視。
です。アンプも4chアンプのブリッジ程度ても鳴るので、手軽にスタートできます。

この小口径サブウーハーは、他のメーカーでも販売されているので、気になる方はご連絡ください。

実際に車に乗せると

s-IMG_0467.jpg

空いたスペースに乗せられるぐらいに小さいので、スペースの無い車でもOKです。

そして、あまりブログで紹介できていないのですがもうひとつ。

s-IMG_0495.jpg

カロのサブウーハーもオススメです。

この内蔵型サブウーハーでは珍しく、メリハリのある低音なので、楽器など聞く方にはオススメとなります。

ただしこのサブウーハーはボリュームが少ないので、低音多めの方には不向きかなと思っています。

当店ではお客様のシステム・サウンド・スペースに合ったアイテムを提案していきますので、ぜひご来店ください。

レクサスNXのロードノイズ対策・ドアなど
こんにちは。

今日は先日作業しました、レクサスNXの紹介です。

s-IMG_04170.jpg

今回NXはロードノイズ対策を施工しまして、前回までのブログでフロア・ルーフ・リアタイヤハウスなど施工しまして、今日は最後のドアなどです。

では作業スタート。

s-IMG_0411.jpg

まずはドアパネルを少々制震とします。

この時に当店では、オーディオとロードノイズは施工内容を区別しています。
ロードノイズの施工は遮音がメインとなるので、施工箇所によっては制震の施工比率が低くなります。

今回もドアを重くしないように、アウターパネルを少々制震施工してから

s-IMG_0414.jpg

ドアパネルに全面的に遮音施工として独立発泡材を全面施工します。

この材料は軽量なので、女性も重量的に問題ない範囲で施工します。

そして次に内装側、ドアトリムを吸音施工とします。

s-IMG_0415.jpg

純正でもレクサスは吸音材がまずまず入っているので、追加施工とします。

まずは少々制震材を施工してから、

s-IMG_0416.jpg

スペースを見て、吸音発泡材を施工します。

複数の材料を使用することで、異なる周波数の効果を狙います。

そして細かな部分も吸音施工していきます。

s-IMG_0341.jpg

純正のステップなど、イロイロな箇所を吸音していきます。

s-IMG_0342.jpg

その他に外したパネルを吸音施工しまして完成です。

完成後にお客様がご来店いただきまして、もともと静かだった車が更に静かになったので、本人様的には良かったとの感想をいただきました。

ありがとうございます。

今回レクサスNXは元々静かな車の部類に入りますが、RV形状の車を更に静かにしたいとのご要望でしたので、お客様の希望に添えたようで何よりです。

最近は小型な外車も増えてきています。

現在のお車を更に静かににする防音施工を、ご検討よろしくお願いいたします。

レクサスNXのロードノイズ対策・リアゲートなど
こんにちは。

今日は先日作業しましたレクサスNXの紹介です。

s-IMG_04170.jpg

今回レクサスNXはロードノイズ低減のデッドニングを施工しました。
前回までのブログでルーフ・フロア・リアタイヤハウス・ラゲッジを施工しましたが、今回はリアゲートなど紹介していきます。

では作業です。

まずは内装を外して、リアバックドアを適度にデッドニング施工とします。

s-IMG_0386.jpg

そして次は遮音材なのですが、バックドアはイロイロな機器が多いのでメンテナンス性を考慮して内装側で遮音としました。

s-IMG_0389.jpg

さすがはレクサス。純正ですでにシンサレート系の吸音材がありましたので、ちょっと外して遮音材を施工します。

s-IMG_0390.jpg

独立発泡材の遮音材を施工して、純正の吸音材を戻して完成です。

ロードノイズ低減は制震・遮音・吸音がバランス良く施工されているほうが効果的です。

最近の純正は吸音のみが多いので、結果ロードノイズが大きくなっています。

そして細かな部分ですが、リアスポ内部にも吸音材を施工します。

s-IMG_0400.jpg

今回は全体的に効果を狙った施工なので、細かく吸音材を施工していきます。

Bピラーも吸音施工です。

s-IMG_0346.jpg

シートベルト機器の裏を少々制震施工します。

下部には純正の吸音スポンジがありました。

そして更に当店も吸音材を追加施工。

s-IMG_0347.jpg

そしてスペシャルな吸音として

s-IMG_0345.jpg

シンサレートにフエルト系の吸音材を複合します。

s-IMG_0348.jpg

Bピラーに仕込みます。

種類・比重の違う吸音材を使用することで、異なる周波数に効果がでます。

この辺りはオーディオの吸音をしていると、カンが働きます。

そして内装側も遮音施工。

純正。シンサレートがあります。

s-IMG_0367.jpg

遮音材を追加とします。

s-IMG_0369.jpg

ここはシートベルトが動く部分なので、厚みのある材料は使用できないので遮音としました。

Bピラーだけでも、少々施工時間が掛かります。

そして後はドアの施工で終わりですが、次回に。

レクサスNXのロードノイズ防音対策・フロア
こんにちは。

今日は先日作業しました、レクサスNXのつづきです。

s-IMG_04170.jpg

前回のブログで防音デッドニングのルーフを紹介しましたが、今回はフロアの紹介です。

以前に同系のハリアーを施工したので、内部の材料がどれだけ違うのかも興味がありました。

まず内装を外していきます。

s-IMG_0338.jpg

内装を外して、フロアを観察するとフロアの構造・材料は同等ですが、内装側の吸音材・遮音材が少々NXの方が増えているコトと種類が違うものを使用していました。しかしトヨタ車としてはハリアーはコストが掛かっている印象です。

ただ違いは若干なので体感的に分かるホドかと問われると、若干の違いになるのではと思いました。
しかしNXは内装・外装の仕上げが、上質なのでソコにコストが掛かっているな~といった感想です。

もともとハリアー自体が上質な仕上げがウリなので、NXに限りなく近い遮音構造も納得です。

では施工スタート。

s-IMG_0340.jpg

まずは制震材を施工していきます。

s-IMG_0354.jpg

フロアの制震材にはロシア製のSTPを使用します。

そして標準の2層目に遮音材の素材は、独立発泡材を施工します。

s-IMG_0360.jpg

とにかくフロアの施工に関しては材料の密着性能を重視しています。

内装を組み上げた時の収まり具合もそうですが、密着することで不要なノイズを遮断します。

2層の素材の後には、まず純正の分厚い吸音材を戻します。

s-IMG_0363.jpg

このぐらいの材料を使用しているトヨタ車はクラウンぐらいですね。
ミニバンはもっと薄い材料になっています。

吸音は純正で十分そうなので、追加にゴムシート系に防音マットを施工します。

s-IMG_0366.jpg

制震・遮音・吸音・遮断特性をバランスよく使用します。
純正はホトンド吸音材がメインです。

そして今回もハイブリットなので、システムは外せないので吸音・遮音とします。

s-IMG_0372.jpg

まずはスペースに吸音材を仕込みます。

HVシステムは独特な動作時に高周波音のノイズがでるので、高周波特性の高い材料などを複合的に仕込みます。

そして遮音シート。

s-IMG_0373.jpg

更にリアシートの下のハイブリットシステムのカバーも吸音施工します。

s-IMG_0378.jpg

純正は薄いシンサレート形吸音材。

s-IMG_0381.jpg

全体的に低反発吸音材に変更しました。
シンサレートは他で再利用いたしました。

サイドのカバーも吸音処理としました。
基本的なデッドニングをしっかり施工した後は、少々予算をいただきましてスペースを細かく吸音していきます。

自動車メーカーさんは、たぶんエコの観点で重量を少なくしたいので、吸音しかできない印象です。
当店は防音・遮音の観点から、コストと物量を投入しているので結果がでます。

これでフロアは完成です。

しかしNXはまだまだ続きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。