神奈川のカーオーディオ専門店「サウンドライジング」blog
オーディオ専門店「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。
<ブログ移転のお知らせ>
当ブログは下記URLに移転致しました。
以下のURLよりお越しください。
http://blog.soundrising.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デリカD5をフル防音施工・フロントタイヤ付近
こんにちは。

今日は先日ロードノイズ対策を施工しましたデリカD5の紹介です。

s-IMG_8518.jpg

今回デリカは当店のロードノイズ低減の施工を全て行っております。

今回はフロントタイヤへのロードノイズ削減となります。

まずはフロントのインナーライナーを外します。

s-IMG_8640.jpg

もうすでに純正でもシンサレート系の材料がありますが、当店では更にグレードアップとします。

純正でこの位置に材料があるということは効果は実証されているのですが、メーカーではコストや重量の関係でトコトン防音を追求とまではできないでしょう。

そこでまずは制震材で適度に、比重を持たせながら補強します。

s-IMG_8645.jpg

そして2層目に遮音性能の高い材料で全体的に防音施工とします。

s-IMG_8647.jpg

これでタイヤからのロードノイズも削減しながら、雨のしぶき音なども低減していきます。

純正の外した材料は、室内のスペースに吸音材として仕込むので無駄にはいたしません。

更にフェンダー側も施工します。

s-IMG_8657.jpg

インナーライナーとのクリアランスを見ながら、純正に収まる範囲で施工していきます。

他にもいろいろと施工して完成となります。

そして純正のアンダーカバーが大きければ、有効となるので施工していきます。

s-IMG_8691.jpg

アンダーカバーにも純正の吸音材がありますね。面積があれば有効になります。

ここの材料は硬質特性を持つ、制震材で補強的に施工します・

s-IMG_8693.jpg

そして遮音材ですが、フロアーに使用する材料より、吸音特性の高い単独発泡シートを施工します。

s-IMG_8694.jpg

またスペースを見ながら、吸音材も施工します。

この辺りは材料を見極めながら、厚みと材料の特性を変化させながら効果を高めていきます。

これでフロント付近は完成です。

デリカD5はフル防音施工なので、まだ施工写真があるので次回に。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soundrising.blog101.fc2.com/tb.php/1056-a6ed8ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。