神奈川のカーオーディオ専門店「サウンドライジング」blog
オーディオ専門店「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。
<ブログ移転のお知らせ>
当ブログは下記URLに移転致しました。
以下のURLよりお越しください。
http://blog.soundrising.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30系アルファードをルーフ防音・断熱デッドニング施工
こんにちは。

今日は先日作業しました、30系アルファードの紹介です。

s-IMG_0045.jpg

今回アルファードはルーフの雨音を低減のためデッドニング施工しました。

しかしアルファードほどの車格の車が雨音がうるさいとは以外な内容で、よくよくお話をお伺いすると、お客様は3台連続でアルファードを購入したものの、今回のアルファードだけ雨音が異常にうるさいとの内容です。

ディーラーさんにも対策や点検を言ったみたいですが、これが仕様です。のような対応だったそうで当店にご来店となりました。

では雨音対策スタートです。

まずは内装を外してから、ルーフに材料を施工します。が・・

アルファードはさすがに内装の部品点数が多く、外す作業に時間が掛かります。

s-IMG_8760.jpg

このれだけの部品も全体の半分ほどです。

s-IMG_8775.jpg

リア付近はほとんど外していきます。

s-IMG_8764.jpg

そして内装を外すと雨音の正体が分かってきました。

まずルーフの鉄板が薄いですね。この薄さはプリウスなどと同等だと思います。

そして制震材もゼロ。なにもありません。これでは鉄板がトタンのように響いてしまいます。

s-IMG_8765.jpg

その貧弱な鉄板に対して、入っている吸音材がまた少ない。

白い科学繊維状のものが3つあるだけです。

s-IMG_8762.jpg

これでは雨音もロードノイズもうるさいので対策していきます。

まずは基本の1層目の制震施工。

s-IMG_8768.jpg

効果的な量を全面的に施工します。

ミニバンのような面積のルーフはいたずらに比重の重い材料を多く使用すると、カーブを曲がるときに頭が振られるような感触がでるので、なるべく軽量に仕上げていきます。

なので当店では軽量かつ硬質な、ブチル系制震材を使用しています。

さらに2層目の素材を施工します。

s-IMG_8770.jpg

単独発泡シートと断熱ガラスクロスの複合材を施工します。

この材料で遮音と斜熱効果を狙います。

s-IMG_8777.jpg

この材料は非常に軽量なので全面施工とします。

さらに追加の吸音材も全面的に施工しました。

s-IMG_8781.jpg

写真間違えましたので訂正しました。

純正の材料は残しつつ、追加の材料を施工します。

s-IMG_8779.jpg

施工箇所によっては適した材料を使用していきます。

これで完成です。

後は部品点数の多い内装を戻すだけですが、施工箇所以外で気になる部分がありました。

リアタイヤハウスです。

s-IMG_8761.jpg

外のフェンダーパネルとタイヤハウスに何も施工されていません。

さらにそのフェンダーとタイヤハウスの内装側は

s-IMG_8759.jpg

また何もありませんでした。。

この構造であれば当店の2重のデッドニングが効果的になります。

そして今回の施工の感想は、引渡し当日に雨が降っていたのですが、お店を出た時にスグ効果を実感できたそうです。

最近の日本の自動車メーカーさんのプレス技術が上がって、薄くて軽くて強度もあるとは思いますが、雨音に対しては貧弱なので当店のルーフ防音断熱施工が効果的になりますので、ぜひご検討ください。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soundrising.blog101.fc2.com/tb.php/1064-e3bb4342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。