神奈川のカーオーディオ専門店「サウンドライジング」blog
オーディオ専門店「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。
<ブログ移転のお知らせ>
当ブログは下記URLに移転致しました。
以下のURLよりお越しください。
http://blog.soundrising.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴェゼルのロードノイズ対策・フロア施工
こんにちは。

今日は先日作業しましたヴェゼルの紹介です。

s-IMG_8978.jpg

今回ヴェゼルはロードノイズ対策の施工をいたしました。

まずはフロア全面の施工からスタート。

まず内装を外していきます。

s-IMG_8853.jpg

ホンダ車はガソリンタンクの位置が、運転席下なのでリアシートの下もフロアと同等な広さです。

IMG_8860.jpg

当店のフロア全面施工はアクセルペダルの上辺りから、リアシート下までが施工位置になります。

まずは1層目の制震シートを施工します。

s-IMG_8862.jpg

材料はロシア製のSTPというメーカーで、アルミとブチルの複合材です。

この材料をなるべく大きく施工していきます。

s-IMG_8869.jpg

リアシート下まで施工します。

そして2層目の素材を全面施工とします。

s-IMG_8872.jpg

今度は遮音性能に特化した、独立発泡シートを施工します。

s-IMG_8873.jpg

シートの固定位置など除いて全面施工とします。

ホンダ車は内装のクリアランス(隙間)が少なく印象なので、厚みを見極めながら施工しないと内装が復元できなくなります。

そして今回は3層目の材料も仕込みました。

s-IMG_8884.jpg

ゴムとマイクロファイバーの複合材です。

この3個の材料で、制震・遮音・吸音の施工です。

上記の内容を施工して10mm程度の厚みで施工できます。

材料は分厚いことは理想ですが、内装の復元を考えると10mm以下でなるべく高性能な内容で仕上げたいと思っています。

7~10mm以下であれば純正の状態と変わらずに施工できて、静寂性が向上します。

今回の作業はまずフロア全面を承ったのですが、結果が良かったとの感想でスグに追加作業をいただきました。

なので連続して紹介いたします。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soundrising.blog101.fc2.com/tb.php/1069-f018a7e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。