神奈川のカーオーディオ専門店「サウンドライジング」blog
オーディオ専門店「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。
<ブログ移転のお知らせ>
当ブログは下記URLに移転致しました。
以下のURLよりお越しください。
http://blog.soundrising.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴェゼルのロードノイズ対策・リアタイヤハウス施工
こんにちは。

今日は先日作業しましたヴェゼルのロードノイズ対策のつづきを紹介します。

s-IMG_8978.jpg

ヴェゼルはフロア・ルーフと施工しまして、今回はリアラゲッジとタイヤハウスを紹介します。

まずは内装を外していきます。

s-IMG_8964.jpg

ラゲッジです。

お客様がエーモンの材料を施工されたようですが、あの薄い材料では効果は感じられないでしょう。

材料自体も薄いのでこのまま施工していきます。

そしてタイヤハウスです。

s-IMG_8966.jpg

どこも制震は施してありませんので、ロードノイズが響きやすい状態です。

まずは1層目の素材に制震材を施工していきます。

s-IMG_8968.jpg

ラゲッジを施工。フレーム付近は内装の固定の関係で

そしてタイヤハウウスを施工します。

s-IMG_8970.jpg

タイヤハウスは1BOXやワゴンタイプなど、室内空間とリアタイヤハウスが繋がったスペースにある形状の車には有効です。

そして2層目の素材に遮音材を施工します。

s-IMG_8971.jpg

独立発泡材を全面施工とします。

タイヤハウスも施工していきます。

s-IMG_8976.jpg

しっかりと施工していきます。

また当店は内装の純正状態への復元状態や、車両のメンテナンスも考慮しているので分割して材料を施工しています。

もちろん効果も考慮しているので、材料は1mm単位で施工場所に応じて変化させています。

あとは色々なスペースを吸音処理施工としました。

一例ではAピラーを吸音施工としました。

s-IMG_8943.jpg

純正は何もないですが・・

s-IMG_8944.jpg

全面吸音施工処理としました。

s-IMG_8945.jpg

今回の材料は低反発発泡シートです。

制震・遮音・吸音を適材適所にて施工していきます。

これでヴェゼルは完成です。

当店では今回のフロア全面・ルーフ・リアタイヤハウス・ラゲッジを特に推奨しております。

ロードノイズを低減させたい方は、ぜひご検討ください。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soundrising.blog101.fc2.com/tb.php/1071-316d8f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。