神奈川のカーオーディオ専門店「サウンドライジング」blog
オーディオ専門店「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。
<ブログ移転のお知らせ>
当ブログは下記URLに移転致しました。
以下のURLよりお越しください。
http://blog.soundrising.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CX-3をルーフ防音・断熱デッドニング施工
こんにちは。

今日は先日作業しましたCX-3の紹介です。

s-IMG_9043.jpg

以前にオーディオを取り付けていただいた時に検討していました、ルーフ防音・断熱デッドニングを施工しました。

最近の車は車両軽量の作りでルーフの鉄板が薄く雨音が響いたり、ロードノイズ的にも大きなデメリットになります。

では作業スタート。

まずは内装を外します。

s-IMG_9032.jpg

鉄板には何も無く、この厚みではトタンを叩くような音になるでしょう。

特に頭の上に大きく貧弱な鉄板があるので、雨音などはトタン音が激しいコトでしょう。

このような状況を察してか、内装側には沢山のシンサレートがあります。

s-IMG_9033.jpg

メーカー的には軽く静かなルーフにしたいと思える構造です。

この吸音材はこのまま使用します。

そしてまずは制震材を施工します。

・・・写真を取り忘れました。

いつものように硬質材の制震材を使用しました。

そして2層目には独立発泡材と断熱アルミガラスクロスの複合材を施工します。

s-IMG_9036.jpg

ビシっと全面施工とします。

これで純正の内装を戻して完成となります。

作業後お客様の感想ではロードノイズ音や雨音など好調のようです。

そして写真が少ないので、今回の作業でリアも全部外したので参考に写真を載せます。

ラゲッジ。

s-IMG_9040.jpg

基本的に鉄板は薄いので純正でも制震材が施されています。

ここに更に2重の構造とすればロードノイズを低減できます。

リアタイヤハウス。

s-IMG_9041.jpg

ここも薄い鉄板です。やはり純正の材料で補強されていることが分かります。

ここもタイヤハウス全体に施工することで、タイヤ系ロードノイズを削減できます。

このように低燃費車や軽量な構造の車両には防音デッドニングがおすすめです。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soundrising.blog101.fc2.com/tb.php/1076-20fba509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。