神奈川のカーオーディオ専門店「サウンドライジング」blog
オーディオ専門店「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。
<ブログ移転のお知らせ>
当ブログは下記URLに移転致しました。
以下のURLよりお越しください。
http://blog.soundrising.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノート・ニスモにスキャンスピーク取り付け
こんにちは。

今日は先日作業しました日産ノートニスモの紹介です。

s-IMG_9847.jpg

今回ノートニスモはナビ・オーディオの取り付け作業をしました。

そして今回取り付けたスピーカーはコチラ。

s-IMG_9863.jpg

スキャンスピークです。

当店では結構以前から取り付けしていた、名門のスピーカーですが最近はカーオーディオにも浸透してきたようです。

スキャンスピークは高級ホームオーディオに採用歴を考えれば、1番高性能ではないかとも思えるスピーカーです。
なので世界中のカーオーディオマニアもこぞって車に取り付けています。

日本では未だに定着していないので、もったいないと思っております。

今回はウーハーは15cmを使用します。

s-IMG_9866.jpg

使用グレードはレベレーターで、上級グレードです。

振動版はスキャンスピーク独自のプレスの入ったペーパーコーン。モーター回路はSD2を使用したスピーカーです。

そしてツイーターは25mmのリングドームツイーターです。

s-IMG_9864.jpg

このフェイズプラグのあるツイーターは他のメーカーでも採用されているので、見たことあるはずです。

s-IMG_9865.jpg

そしてバックチャンバー構造でロングとショートがありますが、今回はショートを採用です。

スキャンスピークのサウンドは正確でエネルギッシュなサウンドで、圧倒的な音の数と密度でついついボリュームが上がってしまいます。

またメーカーはサウンドにカラーレーション(音色)を持たせないところを特徴としていて、取り付けるアンプやケーブルによって機器や取り付けの内容をハッキリ鳴り分けてきます。

そのカラーレーションの無い高品位なサウンドが、世界のハイエンドスピーカーメーカーに支持されています。

そして今回はしっかりとしたパッシブネットワークも作成しました。

s-IMG_9895.jpg

コンデンサーにはムンドルフを使用したり、ホイルコイルなどハイエンドスピーカーにふさわしい高音質使用に仕立てました。

最近では当店でもパッシブネットワークが珍しくなってきました。

しかしパッシブの方が強力なアンプが使えるのでメリットもあります。

それでは取り付けスタート。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soundrising.blog101.fc2.com/tb.php/1121-8b608702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。